スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<大阪環状線>天王寺駅で女性はねられ重体(毎日新聞)

 18日午後5時55分ごろ、JR大阪環状線天王寺駅(大阪市天王寺区)で、ホームの端から線路に入った女性が外回り線普通電車(8両)にはねられた。大阪市消防局などによると、女性は20歳前後で意識不明の重体。乗客約800人にけがはなかった。大阪府警天王寺署が原因を調べている。JR西日本は同6時半現在、内・外回り線で運転を見合わせ、大阪市営地下鉄などで代替輸送している。

【関連ニュース】
阪神本線:線路上の男女2人はねられて死亡 新在家駅で
大阪市営地下鉄:人身事故で4万人影響 早朝の御堂筋線
降雨:西日本で土砂崩れ、通行止め
南海高野線:快速急行にはねられ高1女生徒が死亡…大阪
文楽列車:奈良へ 平城遷都記念

<碧南市のマツ>「樹齢500年」実は200年 伐採で判明(毎日新聞)
<水難>兄弟がゴムボートから転落 福岡・遠賀川(毎日新聞)
東淀川では3万5千円強奪(産経新聞)
政調会長代理 城島氏が内定(産経新聞)
<野村沙知代さん>賠償求め新潮社を提訴(毎日新聞)
スポンサーサイト

野口さん、親しみやすい飛行士として活躍(産経新聞)

 日本人最長の5カ月半に及ぶ宇宙生活を終えた野口聡一さん。科学実験など多くの任務をこなしながら、ミニブログ「ツイッター」で地球の素晴らしさを伝えたり、子供たちとの交信を楽しむなど、身近で親しみやすい新たなイメージの飛行士として活躍した。

 宝石をちりばめたような大都市の夜景、幻想的なオーロラ、アマゾンの熱帯雨林-。野口さんは宇宙から撮影した地球の写真をツイッターで連日公開。その美しさと速報ぶりは各国で話題となり、米メディアは「宇宙のツイッター・キング」と呼んだ。

 食事や掃除などの暮らしぶりや心境もユーモアを交えてつぶやき、フォロワー(登録読者)は25万人を突破。1日は「おうちに着くまでが遠足、なので最後まで気を抜かずにがんばります、というか楽しみます!」と、宇宙との別れを惜しんだ。

 また、滞在中はラジオ番組にディスクジョッキー役で出演したり、南極の昭和基地や、地元の神奈川県茅ケ崎市などの子供たちと無線で交信した。

 閉鎖空間での宇宙生活はストレス解消が難しいが、こうした地上との交流や情報発信が気分転換になり、長丁場を乗り切る上でプラスに働いたと心理学の専門家は分析する。体調も良好だったようだ。

 日本の伝統文化も積極的に紹介。書き初めなどの正月行事のほか、念願だった手巻きずしを作って米露の飛行士にふるまった。雅楽で使われる横笛を持参し、琴を弾いた山崎直子さんと和楽器の合奏も披露した。

【関連記事】
「冷たいビール欲しい」野口さん家族のもとへ出発
日米露の関係者が野口さんらクルーを絶賛、祝福
野口さん搭乗のソユーズが帰還 カザフスタンに着陸
野口さん帰還 有人活動の土台築く 国際協力も加速
野口さん宇宙基地にお別れ ソユーズに乗り込む カザフスタン着陸へ
「はやぶさ」帰還へ

「いいよ、もう十分です」首相が記者団に述べた(産経新聞)
30歳男性「就眠時、アロマキャンドルに火…」マンション1室焼く(産経新聞)
<土壌汚染訴訟>売り主に賠償責任なし…売却後判明に初判断(毎日新聞)
<島根原発>差し止め棄却 安全性「問題ない」…松江地裁(毎日新聞)
宮崎の主力級種牛5頭、口蹄疫感染シロ(読売新聞)

<横浜3人死傷>飲酒者に車提供の容疑者在宅起訴(毎日新聞)

 横浜市緑区で今年1月、居酒屋に酒気帯び運転の軽乗用車が突っ込み客3人が死傷した事故で、横浜地検は24日、事故車の所有者で直前まで同乗していた同区の無職、堤美也子容疑者(40)を道交法違反(車両提供)罪で在宅起訴した。飲酒者に車両を提供した罪での公判請求は珍しいという。

 起訴状によると、堤被告は1月29日午後5時45分ごろ、神奈川県大和市の保険代行業、小坂泰男被告(44)=自動車運転過失致死傷、道交法違反(酒気帯び運転)罪で公判中=が酒気を帯びていることを知りながら、自分の軽乗用車を提供したとしている。【吉住遊】

【関連ニュース】
ひき逃げ:フィリピン人の女を殺人未遂容疑で追送検 千葉
酒気帯び:巡査を懲戒免に 奈良県警
飲酒運転:取り消し処分者の講習強化 自覚日記4週間
飲酒運転:都内の「死亡事故ゼロ」83日 厳罰化の効果か
千葉・館山のひき逃げ:車体下に男性確認、発進 殺人未遂容疑、比の女を追送検

500株のバラまとう 大手町のオフィスビル(産経新聞)
民主中心の政権のうちに理想の医療を実現(医療介護CBニュース)
特許の権利譲渡書偽造、容疑で会社役員ら逮捕(読売新聞)
<ライター>販売規制へ…安全機能を義務化(毎日新聞)
事業仕分け 電気メーター検定を見直し 実務丸投げ「資格・検査」法人(産経新聞)

<JR不採用問題>原告904人 解決案承諾書を提出(毎日新聞)

 87年の国鉄分割・民営化に伴う国鉄労働組合(国労)の組合員らのJR不採用問題で、前原誠司国土交通相は18日の会見で、係争中の原告904人から解決案の承諾書が与党など4党を通じて提出されたことを明らかにした。前原国交相は同日、旧国鉄清算事業団の業務を引き継いだ独立行政法人「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」に、裁判の和解協議に入るよう指示した。

 和解対象は当初、910人だったが、6人が訴訟継続を希望し、応じなかった。原告団は今月中にも最高裁に和解申立書を提出する。政府は和解成立後、JR各社に対し雇用を申し入れる予定。【平井桂月】

【関連ニュース】
国労:不採用問題和解案、受け入れ方針確認 臨時大会で
記者の目:JR不採用の政治決着=坂本高志(東京社会部)
国鉄分割民営化
トンネルの先に:JR不採用23年/下 元裁判長
トンネルの先に:JR不採用23年/中 1047人の苦難

プロバスケの高松ファイブアローズ運営会社、自己破産申請(産経新聞)
訪問介護員、「生活援助」ができない?(医療介護CBニュース)
無症状キャリアーは対象外=救済案、国側が一時検討―B型肝炎訴訟(時事通信)
HP、ブログ解禁で合意へ=ネット選挙、衆院比例候補も対象―与野党(時事通信)
自民・河野氏「青木さんはわざと倒れた」(読売新聞)

<電動自転車>CO2の削減で職員に貸し出し 愛知県豊橋市(毎日新聞)

 愛知県豊橋市は6日、職員を対象に電動アシスト自転車の貸し出しを始めた。これまでは車を使っていた片道5~10キロ程度の公務出張に利用してもらい、二酸化炭素(CO2)の排出削減につなげる試みだ。

 軽の公用車1台の更新を取りやめ、予算80万円で10台購入した。イベントや各種会合出席などの利用を想定し、年間で「軽自動車1台分」(市財産管理課)にあたる928キロのCO2を削減できるとはじく。

 3時間の充電で最長30キロ走行できる。貸し出しは公務限定だが、初めて乗った職員は、空を眺めながら「ペダルが軽くて楽々。これなら遠くまで行けそう……」。【沢田均】

【関連ニュース】
雑記帳:周遊自転車で消費拡大 北海道・千歳
台湾:電動バイク、4年で16万台普及計画
働くナビ:政府も後押しする「エコ通勤」とは。
エコナビ2009:リチウム電池の開発競争激化 高性能、小型化へ(3/3ページ)
松江チャリンコ城下町めぐり:ツアーモニターを募集 /島根

ツイッター、ミクシィ「禁止令」 福岡の高校が事実認める(J-CASTニュース)
<劇団四季>14年間の常設公演に幕 福岡シティ劇場(毎日新聞)
もんじゅ 国際標準化へ先手 米仏と協力、追う中印(産経新聞)
ひこにゃん“年収”2400万円(産経新聞)
<窃盗>5300万円相当、コントラバス5台など盗難…東京(毎日新聞)
プロフィール

たけもとまさゆきさん

Author:たけもとまさゆきさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。